とみつくブログ
日々を楽しく過ごすためのブログ
アナログゲーム

家族で盛り上がれるアナログゲームの定番「スティッキー」

皆さんはお家でゲームをするでしょうか?

今日は、最近我が家で盛り上がりを見せているアナログゲーム「スティッキー」を紹介したいと思います。

学童や児童館で通算10年以上働いている私が、

同僚にお勧めのゲームあるかな?と聞かれたらまずオススメするのが

「スティッキです

created by Rinker
¥2,899 (2022/12/07 13:30:43時点 楽天市場調べ-詳細)
この記事はこんな人におすすめです

・家族で遊べるアナログゲームを探している
・難しいルールがわからない幼児と遊びたい
・忙しい平日の短い時間でも親子のコミュニケーションがとりたい

スティッキーってどんなゲーム?

ドイツの老舗おもちゃメーカーHABA社のロングセラーアナログゲームです。

3色のカラフルな棒をリングを落とさないようにしながら、順番に抜いていくバランスゲームです。

付属のサイコロなど含めて全ての部品が木製でできており、触り心地が良いです。

スティッキーの魅力

シンプルかつ繊細

基本的な遊び方は

①サイコロを振る

②出た色と同じ棒を抜く

これだけです。

それなのに異常に盛り上がります。

倒れた時や倒れそうなときの盛り上がりがとても楽しいです。

また、付属の部品が少ないため、セッティングに時間がかからないのも特徴です。

「すぐに遊べる

これは大きなメリットです。

特に幼児は親が長々と準備をしている間に飽きてしまいます。

また、1回遊び終えた後にもう一回遊ぼう!となるハードルが低く

何度でも楽しむことができます。

難しいルールがない!

見た目で遊び方がわかりますよね。

やることがシンプルなので、ルールのインスト(説明)が短くスタートできます。

「パスをするには持っている棒を戻す」

青3点赤2点黄1点と棒の色によって得点が異なる」

などのルールもありますが、最初は気にせず遊んでも楽しめます。

遊び方のバリエーションが豊富

スティッキーの優れた点としてルールを追加して遊んでも面白いです。

例えば

・リズムに合わせて1本ずつ好きな棒を抜いていく
・1回の手番で3本までは抜いて良い
・利き手と逆の小指と薬指しか使っちゃダメ

などのルールを追加してみるとより盛り上がります。
 

サイコロが無くても楽しめますし、点数制もなくても楽しめます。

遊ぶメンバーにとって楽しいやり方を見つけて遊びましょう!

活用編:スティッキーを遊ぶときの工夫

我が家では寝る前のちょっとした時間を活用しています。

歯磨き⇒ゲーム⇒布団に行く

そんな流れを意識して遊ぶのにちょうど良いボリューム感です。

妻と子と3人でやるとワイワイ盛り上がって楽しいです。

特に
・他のプレイヤーが棒を抜いた時もリアクションする
・サイコロで同じ色が出たときに「いっしょだねー」と口にする。

という点を意識しています。

他のゲームにも言えることですが、ゲームは一緒に遊べる相手が居るから楽しいのです。

保育の現場では、まだ集団での遊びに慣れていない子と1対1で遊ぶ時に活用してます。

慣れてきたら、3人以上で複数の子たちと一緒に遊べるため、遊べる人数に幅があるのがとても良いですね。

まとめ

スティッキーはこんなゲーム

・シンプルかつ繊細
・難しいルールがない
・遊び方のバリエーションが豊富

使い方で次第で色々できる魅力的なゲーム「スティッキー」是非手に取って遊んでみて下さい。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

created by Rinker
¥2,899 (2022/12/07 13:30:43時点 楽天市場調べ-詳細)